まごころの葬儀を創造する 札幌市の株式会社 公益社です。

人生最後のセレモニー、お葬式 ご家族皆様の“ありがとう”が届きますように・・・ まごころのご葬儀をお手伝いさせていただきます。

法事について

命日法要(命日:毎月のその日、祥月命日:亡くなった月の命日)・年忌法要

仏教

初七日、二七日忌、三七日忌、四七日忌、五七日忌、六七日忌(三十五日忌)、七七日忌 (四十九日忌=忌明け:白木のお位牌から塗り位牌になります。白木お位牌はお寺に納めます。)
百ヶ日(卒哭忌:個人差はありますが激しい嘆きも少しずつ癒える頃なので「泣くのを終える日」とも言われています。)、
一周忌(翌年:喪明け)、三回忌(2年目)で十仏事、中国に仏教が伝わり七回忌(7年目)、十三回忌、三十三回忌が加わり十三仏事、 近世に十七回忌、二十五回忌が加わり、十五仏事となりました。
しかし一般的には、十七回忌のあと二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌と回忌法要を営む事の方が多いです。
そして、三十三回忌または五十回忌(「弔い上げ」といい、一人の故人の法事を切り上げることになります。) その後は「先祖代々」として供養することが多いようです。

この他、祥月命日(故人の命日)と月忌(月命日)がございます。

神道

十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭と、毎十日祭を行い、五十日祭にて忌明けとします。
五十日祭の翌日、清祓の儀(神棚、祖霊舎、仮霊舎、屋敷内祓い清める)を行い、 神棚、祖霊舎を封じていた白紙を除き、普段の生活も戻ります。
その後百日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、以後10年おきに五十年祭まで行います。

キリスト教(カトリック)

没後3日目、7日目、30日目に追悼ミサを行います。 その後は特に決まりなく、毎年命日にあたる日に追悼ミサを、 また、10年目、20年目の区切りに盛大に行われる場合が多いようです。

キリスト教(プロテスタント)

没後1週間目、1ヶ月目、50日目などに記念式を行います。 これ以降は特に決まりなく、召天記念日、仏式に習って行う場合もあります。

※四十九日忌のあたりで可能でしたら納骨を行います。 (時節柄、春先や一周忌に行う場合もございます。)
納骨が終わったら、公益社で設置した後飾り壇を撤去いたしますのでご連絡をいただきます。

011-242-4242


法事の挨拶例

施主側は、はじめに、「本日は、皆様お忙しい中を亡き夫(妻)の一周忌にお越しいただきまして、 ありがとうございます。早いもので、夫(妻)が亡くなりまして一年の月日が流れました。 当初はただ呆然とするばかりでしたが、残された者としてしっかりしなければと、ようやく元気を取り戻してまいりました。 これも、皆様方のお力添えのおかげと感謝いたしております。 ささやかではございますが、お食事をご用意いたしました。ごゆっくりご歓談くださいますようお願い申し上げます。 また、故人の思い出話などもお聞かせいただければ幸いでございます。本日はありがとうございました。」などと挨拶します。

招かれた側は、「ご法要の席にお招きいただきまして恐れ入ります。ごいっしょにご供養させていただきます。」とか、 「本日はお招きにあずかり恐縮です。」 などと挨拶し、「ありがとう」という挨拶は避けるようにします。


法事の注意点

法事は故人の命日を過ぎて営まないのが習慣です。(もの言えぬ故人に対する思い遣いからきています。)   

法事は原則として、一人の故人に対して一つの法事を行いますが、 同じ年に二つの法事が重なる場合は、一度にまとめて行うこともあります。 この場合、後から亡くなられた方の命日に合わせて行いますが、一周忌、三回忌はまだ日も浅いので、 よほどの事情がない限り、まとめて行うことはしません。


お彼岸・お盆

お彼岸(3月の春分の日、9月の愁分の日を真ん中にして前後1週間指す言葉です。 正しくは「彼岸会(ひがんえ)」といい、仏式の家庭は先祖のお墓をお参りし、ご供養する日とされています。

「お盆」とは

釈尊の弟子が母の死後の苦しみを救う為にはどうすればよいかと、釈尊に助けを求めたところ、 7月15日に修行する僧侶達に供養すれば、その功徳でははの苦しみが無くなるだろう。と説きました。 これが中国に入り、親孝行、死んだ親を供養することとなった言われています。
日本では死者である祖先が年に2回(正月と盆の時期)に帰ってきて生者と交歓するという「魂(霊)祭り」 の習慣がありました。これらが、習合して「お盆」という習慣ができたと思われます。

お盆(北海道では8月13日〜16日)この間は先祖の霊が自宅に戻ってくるとされ、 多くの家では「迎え火」や「送り火」を焚く習慣がありますが、昨今では、住宅事情等の関係上、実際に 火を焚くことができない場合もあり、そうした時には盆提灯(色、柄の付いたもの)に電気で明りを 点すことや明りを入れないでただお飾りするだけで迎え火、送り火とすることもあります。

初めて迎えるお盆を「新盆」といいます。(四十九日の忌明けより前にお盆を迎えたときは、 その年ではなく翌年のお盆が新盆となります。) 新盆に限り、精浄無垢の白で霊を迎える意味から白木で作られた紋天が最も多く使われます。 軒先や縁側や仏壇の前に吊るして火を灯し、その灯りによって精霊に迷うことなく家まで導かれる という意味が込められています。
新盆用提灯は1回(1年)限りです。白ちょうちんはひとつあれば良く、身内が揃えます。 精霊棚を飾って故人の霊を迎えます。
神道:新盆は行わず、春秋の彼岸の中日に先祖を祀ります。

葬儀札幌・家族葬札幌【公益社】 葬儀・葬式・家族葬など

利用規約および個人情報の取り扱いについて

個人情報保護方針

 株式会社 公益社(以下、(当社)といいます。)は、葬祭事業を中心とした事業を展開しています。
 事業活動を通じて、お客様や当社の従業者等から取得する個人情報は、お客様や従業者はもちろん、当社にとっても極めて重要な情報資産であり、これらの個人情報を適切に取扱い安全に保護することは当社の重要な責務であると認識し、個人情報の保護に関しては、以下の取り組み方針を実行し、かつ、維持することに努めます。

1.個人情報の取得・利用・提供について

(1)個人情報の取得は、適法、かつ、公正な手段によって行います。
(2)個人情報の利用目的を特定し、その目的の達成に必要な限度において利用します。
(3)個人情報の目的外利用はいたしません。そのための対策を行います。
(4)個人情報を第三者に提供する場合は、事前に本人の同意を得ます。

2.法令等の順守について

個人情報に関する法令、国が定める指針その他の規範を順守します。

3.安全管理について

個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正のための対策を行います。

4.苦情及び相談について

個人情報に関する苦情・相談が寄せられたときは、誠意をもって適切、かつ、迅速に対応します。

5.継続的改善について

当社の個人情報保護体制・システムについては、事故の発生や環境の変化等に、常に対応することが 重要と認識し、継続的に点検、見直し、改善に努めてまいります。

制定日:2009年6月1日
最終改定日:2015年1月21日
株式会社 公益社
代表取締役 荏原 泉

お問い合せ先
株式会社 公益社 個人情報保護管理者
住所 札幌市中央区南3条西9丁目998番地14
電話 (011)242-4242
FAX (011)242-4200

個人情報の取扱いについて

<事業者の名称>: 株式会社 公益社

<個人情報保護管理者>: 総務部長  連絡先:011‐242‐4242

<開示対象個人情報の利用目的>
○総合葬祭業務
・葬儀施行の請負業務の遂行(本人との連絡を含む)及びアフターフォロー
 (外部委託・紹介業務:料理、香典返し、写真、バンケッター、司会、納棺等)
・葬儀の事前相談
・アンケート調査実施
・会員制度の運営管理
○保険代理店業務
○従業者の雇用管理業務

<直接書面以外の方法で取得した個人情報の利用目的>
・葬祭施行サービス全般業務
・葬祭関連付随商品・サービス、アフターサービスの提供
(提供形態:販売、レンタル、委託、紹介等)

<個人情報の第三者提供>
・当社はお客様の個人情報について、同意を得ないで第三者に提供することは致しません。

<個人情報の取扱い委託>
・当社は事業運営上、お客様により良いサービスを提供するために業務の一部を外部に委託しており、業務委託先に対してお客様の個人情報を預けることがあります。この場合、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を選定し、契約等において個人情報の適正管理・機密保持などによりお客様の個人情報の漏洩防止に必要な事項を取決め、適切な管理を実施させます。

<個人情報提供の任意性>
・お客様が当社に対して個人情報を提供することは任意です。ただし、個人情報を提供されない場合には、当社は各種サービスをご提供できない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

<開示等の請求手続き>
・当社がご本人様又はその代理人様から、当社が保有する個人情報に関して(1)開示のご請求、(2)利用目的の通知のご請求、(3)訂正のご請求、(4)追加のご請求、(5)消去のご請求、(6)利用停止又は第三者提供の停止のご請求等(以下(1)から(6)を総称して「開示等のご請求」といいます。)にご対応させていただく場合の手続きは、下記のとおりです。

1.開示等の請求の申出先および提出書面

開示等のご請求については、「個人情報開示等請求書」に必要書類を添付の上、郵送によりお願いいたします。個人情報開示等請求書を当社へ郵送する際には、配達記録郵便や簡易書留郵便など、配達の記録が確認できる方法にて、封筒に朱書きで「個人情報開示等請求書在中」とお書き添え下さい。

2.本人様確認について

個人情報開示等請求書が当社に到着次第、お電話でご本人様確認をさせていただきます。 ただし電話による確認が出来ない場合、以下のいずれかのコピーの提出をお願いさせていただきます。 ・運転免許証、住民票、健康保険証

3.代理人様による開示等のご請求

開示等のご請求をすることについて代理人様に委任する場合は、個人情報開示等請求書に加えて、下記の書類をご同封ください。
(1)代理人様本人であることを確認するための書類(コピー)
運転免許証、住民票の写し、健康保険証の被保険者証のいずれか1点
※コピーは本籍地を塗りつぶしたものをご用意下さい。
(2)委任状(ご本人様により委任状に捺印し、その印鑑の印鑑登録証明書を添付してください。代理人様が親権者などの法定代理人のときは、委任状に代えて、ご本人様との関係がわかる書類をご提出いただくことも可能です。)

4.開示、利用目的の通知のご請求に関する手数料

個人情報の開示及び利用目的の通知をご請求する場合、1回の請求ごとに、500円(税込)の手数料をいただきます。500円分の郵便定額小為替を提出書類にご同封ください。
郵便定額小為替のご購入のための料金及び当社への郵送料はお客様にてご負担ください。
なお、手数料が不足していた場合、及び手数料が同封されていなかった場合は、開示、利用目的の通知のご請求がなかったものとして対応させていただきます。

5.開示等のご請求に対する回答方法

請求者の請求書記載住所宛に書面によってご回答いたします。

6.認定個人情報保護団体の名称及び苦情の解決の申し出先

経済産業省認定 認定個人情報保護団体 JECIA個人情報保護協会
TEL:03-5379-8101、FAX:03-5379-3882
※当社の個人情報の管理が適切でないと判断した時は、まず当社に苦情を申し立ていただきたいと存じますが、当社の対応が満足できない場合、お客様は上記の「認定個人情報保護団体」へ苦情を申し立てることが出来ます。
個人情報の問い合わせ窓口  個人情報保護管理者
住所:札幌市中央区南3条西9丁目998番地14
電話:011-242-4242 FAX:011-242-4200 

よくお読みの上、[同意する]ボタンを押して
お進みください。

  • 同意する
  • 同意しない

葬儀札幌・家族葬札幌【公益社】 葬儀・葬式・家族葬など

お問い合わせ・お見積り個人情報の取扱いに関する明示事項

1.利用目的

株式会社公益社(以下「当社」という)は、当社ウェブサイトからお問い合わせ・お見積りいただいた個人情報について、葬儀等に関するお問い合わせ・お見積りの回答等以外の利用目的には利用しません。

2.提供

当社は、お問い合わせの際に頂きましたお客様に関わる個人情報を提供することはございません。

3.委託

当社は、お問い合わせいただいたお客さまの個人情報を委託することはございません。

4.個人情報の開示・訂正・削除

当社は、本人または代理人の要求に基づき、当社が保有する開示対象個人情報に関して開示・訂正・削除を実施します。窓口は下記6. の問い合わせ先となります。

5.個人情報の任意性

個人情報の提供に関しては任意となっておりますが、ご提供頂けない場合はお問い合わせに対する有効な回答あるいは回答自体が出来ない場合があります。

6.個人情報保護管理者及び問合せ先

個人情報保護管理者:山田 豊満
個人情報に関する問合せ窓口:株式会社公益社(011-242-4242)

7.本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得する場合

クッキー等の取得は行っておりません。

よくお読みの上、[同意する]ボタンを押して
お進みください。

  • 同意する
  • 同意しない

葬儀札幌・家族葬札幌【公益社】 葬儀・葬式・家族葬など

お問い合わせ個人情報の取扱いに関する明示事項

1.利用目的

株式会社公益社(以下「当社」という)は、当社ウェブサイトからお問い合わせいただいた個人情報について、葬儀等に関するお問い合わせの回答等以外の利用目的には利用しません。

2.提供

当社は、お問い合わせの際に頂きましたお客様に関わる個人情報を提供することはございません。

3.委託

当社は、お問い合わせいただいたお客さまの個人情報を委託することはございません。

4.個人情報の開示・訂正・削除

当社は、本人または代理人の要求に基づき、当社が保有する開示対象個人情報に関して開示・訂正・削除を実施します。窓口は下記6. の問い合わせ先となります。

5.個人情報の任意性

個人情報の提供に関しては任意となっておりますが、ご提供頂けない場合はお問い合わせに対する有効な回答あるいは回答自体が出来ない場合があります。

6.個人情報保護管理者及び問合せ先

個人情報保護管理者:山田 豊満
個人情報に関する問合せ窓口:株式会社公益社(011-242-4242)

7.本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得する場合

クッキー等の取得は行っておりません。

よくお読みの上、[同意する]ボタンを押して
お進みください。

  • 同意する
  • 同意しない

葬儀札幌・家族葬札幌【公益社】 葬儀・葬式・家族葬など

クローバー会員様個人情報の取扱いに関する明示事項

1.利用目的

株式会社公益社(以下「当社」という)は、クローバー会員様のイベント、セミナー等を遂行する上で必要となる次の目的の為にのみ、クローバー会員様に関わる個人情報を取得し、それ以外の目的には利用しません。

(1)各種イベントの遂行:クローバー会員様向けの夏祭り、パークゴルフ大会、麻雀大会等夏祭り運営、各大会等のご案内、諸手続きのため。

(2)終活セミナー、エンディングノート作成セミナーの遂行:クローバー会員様向けの終活セミナー、エンディングノート作成セミナー等のご案内、運営のため。

(3)当社ショッピングサイトおけるご注文の確認・照会、商品発送の確認・照会、ご注文に関するお問合せのため。

2.提供

当社は、取得したお客様に関わる個人情報を会報や弊社ホームページに掲載することがあります。

(1)掲載内容と目的

@会報「クローバー通信」への掲載:イベントセミナーでの写真、氏名、年齢、性別等の会報への掲載

A弊社ホームページ掲載:イベントセミナーでの写真、氏名を弊社ホームページに掲載する場合

3.委託

当社は、クローバー会員様のイベント、セミナー遂行及びアフターフォロー、ショッピングサイト運営等利用目的の範囲内において、取得した個人情報の取り扱いを協力会社等に委託することがあります。

4.個人情報の開示・訂正・削除

当社は、本人または代理人の要求に基づき、当社が保有する開示対象個人情報に関して開示・訂正・削除を実施します。窓口は下記6. の問い合わせ先となります。

5.個人情報の任意性

個人情報の提供に関しては任意となっておりますが、ご提供頂けない場合は利用目的に掲げてある業務に支障が発生する場合があり、何らかの不利益が生じる場合があります。

6.個人情報保護管理者及び問合せ先

個人情報保護管理者:山田 豊満
個人情報に関する問合せ窓口:株式会社公益社(011-242-4242)

7.本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得する場合

当社のショッピングサイトにてクッキーを取得しております。

よくお読みの上、[同意する]ボタンを押して
お進みください。

  • 同意する
  • 同意しない